So-net無料ブログ作成
検索選択

840円でアトピーを治そう [製品レビュー]

せりあさん「珍しくキャッチーなタイトルでどうしたんですか」
るみなー先生「うむ、普段から残念なブログを続けていたんだが、ここらで世の中の役に立っておこうかなと。アトピーでは長く闘病生活を続けていたが、実は最近アトピー性皮膚炎の特効薬を見つけたんだ」
せりあさん「ほんとですか?今まで先生の闘病日記は毎年かゆうまで終わってたじゃないですか」
るみなー先生「うむ。まあ読んでいってほしい」


るみなー先生「まあまずはアトピー性皮膚炎のおさらいをしよう。ここで言うアトピー性皮膚炎とは春先から夏にかけての皮膚の炎症を指す。発生する場所は主に手の甲から手首や指にかけてだが、腕のひじやひざ小僧、ひどい場合は顔面にも発生する。日光に当たると悪化する傾向があるので夏でも長袖長ズボンは欠かせない。非常に痒く、患部を掻くとその時はとても気持ちよいのだが、その後皮膚がずる剥けになるまでに悪化する。アレルギー患者である場合が多いが、季節的な原因は花粉ではなく、おそらく黄砂であると考えている。外見は脂漏性湿疹と似ているようだが、説明を見る限り痒さが全然違うようなのでおそらく無関係だ」
せりあさん「はい、わかりました」

るみなー先生「では今までの話をふまえてこのファイルを見てほしい」
WS000000.JPG
せりあさん「なるほど。これがアトピー性皮膚炎なんですね」
るみなー先生「いや、これは典型的なスナッチャーだ。紫外線を多く含む太陽光を長時間浴びることで皮膚組織が破壊されてしまうのだろう。スノースギの影響によるものだ。ただちにシベリアンエクスプレス1917に乗り込んで惑星クレムリンに行き、改良された人工皮膚を移植してもらったほうがいい」
せりあさん「先生、怒りますよ?患者さんは本当に大変なんですからふざけないで下さい」
るみなー先生「はい、ごめんなさい。しかしこれについては皮膚科の先生も酷いんだよ。アトピー性皮膚炎だと判定すると決まってステロイド剤を出すんだが、アトピーの痒みにはあまり効果が無いんだ。きちんとリサーチをしているなら違った治療法とかも出てきていいものなんだが。おそらくステロイドを塗っているうちに秋が来て黄砂が来なくなって直るから勘違いをしているんだと思われる。掻かないようにとは言われるが、精神論で戦争には勝てないし病気も簡単には治らないよ」
せりあさん「ふむ」

るみなー先生「はっきり言ってアトピーに無条件にステロイド剤を出す皮膚科の先生はバグってる(痒みが収まるなら別だが自分はそんなことなかった)。まあそれはいいとしてさらに許せないのは、アトピーと戦うブログとか言ってやたら高額な医薬品を売りつけようという業者だ。返金保障とか本当に返金するのかどうか試してないから分からないけど、そんなに効くなら最初に無料でサンプル送れよと思う。患者の辛さにつけ込むこんなブログにはgoogle検索順位で絶対に負けるわけにはいかない」
せりあさん「まあ実際負けてますけどね」
るみなー先生「まあそういうわけで自分のブログも名実ともにアトピーと戦うブログと戦うブログになったわけだ」
せりあさん「脱・脱官僚とかテロ支援国家支援国家支援国家みたいなものですか。まあそこは素直にアトピーとだけ戦っておけという感じですが。」


るみなー先生「話がそれた。というわけで、アトピー性皮膚炎の特効薬を発表する。大塚製薬から発売されているウルオス(スキンローション)だ。ちなみに他のシリーズは試してないので分からない」

DSC07085.jpg
ウルオス(スキンローション)

■警告■ADMONITION■
ここで書かれている記述は大塚製薬が薦める正式な使用法とは異なったものであり、異常のある皮膚に適用することでの責任は大塚製薬の管轄外となります。症状の悪化が見られた場合はただちに使用を中止してください。
当サイトは大塚製薬とは無関係のサイトであり、たまたまウルオスが良いものであったため紹介しており、営利関係も株式保有もありません。
また、当サイトのアフィリンクはネタであり、ここから収入を得ることは基本的に考えていないため、お近くの店舗なり公式サイトなりで商品を購入していただけたらと考えています。

るみなー先生「使い方はこうだ。患部を手の甲だと仮定する。皮膚がぼろぼろであっても気にせず、片方の手の甲にウルオスを垂らし、もう片方の手の甲で伸ばす。そのままふき取らずに自然乾燥する。痒さが気になるごとにこれを繰り返す。おそらく2時間おきくらいに塗ることになると思われる。で、およそ10日程度でアトピー部分はかさぶたとなって剥がれ落ちる。最初はアトピーはこんな治り方をするものなのかとちょっと感動することだろう。まあ2回目からは早く直れとしか思わなくなるが。掻いた場合は残念ながら改善まで長引くが、それでも3週間もあればかなり改善するはずだ」

るみなー先生「予防なら、1月以降は毎日塗っておきたい。最低でも、陽に当たってしまい、ちょっとアトピー出始めの時には、必ずその日のうちにいずれ痒くなるであろう範囲まで塗っておくだけでも相当違う。また、今年はウルオスの日焼け止めも試してみたいと思っている。まあWikipediaにあった医療薬の4番目、保湿外用薬の今後さらに具体的な使用法やセルフケアについてのエビデンスの蓄積が期待される、という文に対する回答のひとつにはなっているだろう」

るみなー先生「基本的に、アトピーは菌による感染症ではないので伝染もしないしウルオスは効果的に作用するはずなのだが、合併症などの可能性によりウルオスで悪化した場合はただちに使用を中止してほしい。またウルオスは全身に使えるとのことだが、患部が顔面の場合は脂漏性湿疹なども考えられるので一部分だけ塗るなどで安全かを確認してから使用していただきたい」


せりあさん「しかしよくこんなの発見しましたね」
るみなー先生「うむ。去年試供品を貰ったので試しに塗ってみたらかなり効果的だった。実はこの長いアトピーとの闘病生活のおかげで、珍しいものを貰ったらとりあえず手に塗ることにしていた」
せりあさん「それは闘病生活というより、もはや毒手拳の修行のような・・・」
るみなー先生「そんな落ちてるもの何でも食べるような人のような目で見るなよ。だいたい本人は本当に痒くて大変なんだよ」
せりあさん「いやそこまでは言っていませんが。ちなみに他にはどんなものを試したんですか?」
るみなー先生「うむ。メジャーなのは油系だな。しかしべとべとするだけで効かないものが多い。アーモンドオイルは最初は効果的だったんだが、高価だしべたつくのと、油が酸化するのかいずれ効かなくなるのでお勧めしない。馬油は最初から酸化しているのか目立った効果なし。タイガーバームも痒さにも治療にも目立った効果なし、他にはコエンザイムQ10とか蜂蜜とかだが、まあアトピーには効果はなかった。一方、尿素のクリームは若干効果があったものの全体的に効果が少なくシーズン終了までアトピーと付き合うことになる。まあ夏まで我慢していろいろ試しつつ自由研究のネタにしてみるのも面白いかもしれないな」
せりあさん「絶対に嫌です」

るみなー先生「ウルオスは男性用化粧品とのことだが、油のようにべたつかないので使い勝手も良い。安価で容易に入手できるのも優れている。患部が両手だけであるなら60mlで1シーズン足りるはずだ。ちなみに自分は去年は試供品で乗り切り、今年は200mlを購入したがまだ半分以上残っている。肌に合うかの確認と、結局普段持ち歩くことを考えるとここは60mlのを買ったほうがいいだろう。男性用化粧品を女性に薦めるのは気が引けるが、ここはアトピーが治ると思ってモンハンの女戦士よろしく豪快にウルオスをびちゃびちゃと塗ってほしい」

るみなー先生「ちなみにウルオスだが、アトピー性皮膚炎以外の皮膚疾患に必ずしも効果があるわけではないので注意してほしい。少なくともにきびや吹き出物の類には効果は無いことが確認されている。また水虫やハゲに効くかどうかについても未確認だ」
せりあさん「チャレンジャーな方の自由研究と結果報告をお待ちしています」



UL・OS(ウル・オス) スキンローション 60ml [化粧水]

UL・OS(ウル・オス) スキンローション 60ml [化粧水]

  • 出版社/メーカー: 大塚製薬(オオツカセイヤク)
  • メディア: その他



りらっくまの一日 [雑記]

るみなー先生「今日は特別ゲストとしてりらっくまさんにおいでいただきました」

DSC04768.jpg
りらっくま「ふむ、僕の仕事振りを見学したいというのは君たちか。まあゆっくり見ていってよ」

DSC04771.jpg
りらっくま「というわけで今日は東京の某所で撮影会だ。レア画像撮り放題だから楽しんでいってよ」

DSC04777.jpg
女子高生にも人気があります

DSC04775.jpg
めそ


DSC04778.jpg

りらっくま「まあこんなところかな、あとはこの人形が代わってくれるからこっちの写真撮っといてね」
DSC04780.jpg

せりあさん「わかりました」
DSC04776.jpg

りらっくま「とまあ、こんなふうにゆるキャラといえどちゃんと仕事してるんだよ。リラックスする暇もないぜ」
CA3I0125.jpg

るみなー先生&せりあさん「・・・」



リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ

リラックマ生活―だらだらまいにちのススメ

  • 作者: コンドウアキ
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本



秩父夜祭に行こう ~秩父夜祭2~ [旅行記]

DSC07503.jpg

秩父夜祭の屋台引き回しが行われている。
活気のある屋台が続く。
DSC07518.jpg

せりあさん「・・・はぐれてしまった。連絡を取ろうにも上手くつながらない。 しばらくは秩父駅前通で様子見をするけれど、もうしばらくしたら西武秩父に帰らなければならない。」

この時点では情報不足だったので気が付かなかったが、秩父夜祭の間は秩父⇔御花畑間は交通規制の関係で電車も不通になる(最初から調べとけ)

DSC07624.jpg
DSC07599.jpg
せりあさん「このあたりだと屋台と花火が両方見れるアングルになるな・・・」

そろそろ合流しよう。

せりあさん「・・・うまく合流できるかな」

秩父神社側

るみなー先生「花火が始まっているな。 秩父まで移動するのに手間がかかるから(というか一回迷った)見ながらゆっくり行こうか。」

DSC01474.jpgDSC01528.jpgDSC01519.jpgDSC01493.jpgDSC01468.jpgDSC01516.jpg

・・・

なんとか団子坂前で合流

せりあさん「なんとか合流できましたね。」
るみなー先生「・・・しかし秩父から戻るのは一苦労だな。 秩父電車が止まっていたのは以外だったが、考えてみたらあそこの踏切を屋台が通るから当然ともいえる。」
せりあさん「写真撮れなかったけど、夜祭の間は架線を取り外せるようになっているらしいですよ」

るみなー先生「あとは団子坂の祭りを見るだけだな。 座席を取れなかったけど見えるだろうか?」
せりあさん「るみなー先生、人が多すぎて全然中に入れません[ふらふら]
るみなー先生「仕方ない、そこの壁のところから中をのぞいてみよう。 肩を貸せ」

DSC01531.jpg

るみなー先生「・・・何がどうなっているかわからない。どうやら潮時のようだ。来年以降にまたリベンジしよう」

・・・こうして我々の秩父夜祭は終わった。運良く帰りの切符はキャンセルがあったので、帰りは苦労せずに済んだ。
次こそはいい位置で見れますように。

DSC01553.jpg


秩父夜祭に行こう
その1 ~秩父神社~
その2 ~おねがいさがし~
その3 ~あの花橋と秘密基地~
その4 ~秩父夜祭~
その5 ~秩父夜祭2~





秩父夜祭に行こう ~秩父夜祭~ [旅行記]

DSC01383.jpg

秩父夜祭もいよいよ本番。
屋台の観覧ポイントの秩父駅前通に行く。

るみなー先生「暗くなってきたな。秩父夜祭もいよいよ佳境に入ってきた」
せりあさん「屋台がやってきますよ」
DSC01303.jpg
DSC01309.jpgDSC01318.jpg
引廻しする人々にも活気がある。

せりあさん「この屋台は朝、秩父神社で見た本町屋台ですね」
るみなー先生「これぞ屋台の醍醐味だなぁ」

最初の屋台が通り過ぎるが、まだまだ続く。
人が多くなり、もうまともに動き回るのも困難になる。

せりあさん「人がすごく多くなりましたね。 以前のぼんぼり祭り以上です。」
るみなー先生「あれと一緒にするな[あせあせ(飛び散る汗)]、ぼんぼり祭もはじめての祭りでは健闘しているが、こっちは「日本三大曳山祭」のひとつだぞ、知名度からして違う。 日本三大曳山祭のひとつである高山祭をスルーしてぼんぼりに行ったのは何だがな・・・」


DSC01344.jpg

るみなー先生「次の屋台も来るぞ」

DSC01351.jpg
※屋台の周りに人が集まる。 すごい熱気だ

DSC01365.jpg
※秩父駅前通りを通過し、秩父駅前で方向転換する

るみなー先生「秩父神社のほうに行ったから、そっち行く[ダッシュ(走り出すさま)]
せりあさん「急ぎすぎです。 あと、屋台はまだ来るし閲覧ポイントはこっち・・・」

DSC01395.jpg
※秩父神社前

るみなー先生「秩父神社に着いたが、どうやらはぐれてしまったようだ。人が多すぎて戻れん、しばらく別々に見るとしよう。」


秩父夜祭に行こう
その1 ~秩父神社~
その2 ~おねがいさがし~
その3 ~あの花橋と秘密基地~
その4 ~秩父夜祭~
その5 ~秩父夜祭2~





秩父夜祭に行こう ~あの花橋と秘密基地~ [旅行記]

anohana_bashi.jpg

屋台を見ているうちに、道をはずれた一行。

るみなー先生「とりあえずリカバリーしないとな、その点チェックポイントがいろいろあるので帰るのは楽だ。」

DSC01169.jpg
るみなー先生「さて、秩父札所17番についたぞ。 ここは車でなくても歩いていける場所のひとつなので便利ではある。」
せりあさん「ちなみに、ここは本尊の十一面観音像が有名でした。いまではすっかりあの花一色ですが。」

DSC01221.jpg

DSC01178.jpg
※お寺の売店も既にこんな感じ

るみなー先生「夜祭りが始まるまで十分な時間があるから、旧秩父橋(通称:あの花橋)に行って写真を撮ろう。」
せりあさん「・・・今までツーリングで毎回通っている気はするんですが、まぁいいでしょう。」
(国道は渋滞するので、秩父から長瀞へ出るのにはこっちの方が便利だったりする)

るみなー先生「橋に行くまでもいろいろチェックするところはあるぞ。」
DSC01234.jpg

せりあさん「結構若い人が、見に来ていますね。男だけでなく女の人も結構いますよ。」
るみなー先生「しかし何だな。今日は夜祭りがあるせいかついでにあの花観光をという人が多い。しかも何気にアベックや女性を含んだグループだ、何というリア充共が[ダッシュ(走り出すさま)] そもそも・・・」
せりあさん「作品が途中で変わってますよ」

・・・

DSC01232.jpg
るみなー先生「ああ疲れた。休もう[バッド(下向き矢印)]
せりあさん「・・・だから、いちいちアニメ風の休みかたしなくていいですって[たらーっ(汗)]



DSC01240.jpg
せりあさん「ほら秩父橋に着きましたよ」

DSC01247.jpg
他の人「すみません、写真とってくれませんか?」
せりあさん「・・・別に良いですけど、この辺で良い?」
他の人「ちょっと上に立ちたいです」
るみなー先生「めんまの真似は駄目だよ。」
他の人「しませんって[あせあせ(飛び散る汗)]

せりあさん「ここも以前はほとんど人がこなかったけれどすっかり観光地になってしまいましたね」

るみなー先生「さて、秩父橋も見たしそろそろ暗くなってきた。 秩父駅前に戻って夜祭を見よう。 ・・・とその前に秘密基地に行かないとな。」

秘密基地

DSC01261.jpg
DSC01266.jpg
るみなー先生「あの花の秘密基地だな、アニメの秘密基地がベースになっている。」

DSC01263.jpgDSC01271.jpg

せりあさん「・・・なんか他の人が寄付したグッズ?等もおいてあります。」
るみなー先生「いろいろな人に愛されているなぁ・・・」

そろそろ暗くなったので夜祭に戻る。


秩父夜祭に行こう
その1 ~秩父神社~
その2 ~おねがいさがし~
その3 ~あの花橋と秘密基地~
その4 ~秩父夜祭~
その5 ~秩父夜祭2~






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。